タクシー1社目気軽に入社して良い理由 移籍がしやすいなら迷う前に飛び込む

心得

大阪昼勤タクドラ、キッタン動画です。

今回の動画は、タクシー1社目気軽に入社して良い理由 移籍がしやすいなら迷う前に飛び込む

タクシー1社目気軽に入社して良い理由 移籍がしやすいなら迷う前に飛び込む【大阪昼勤タクドラ】キッタン動画

この話題って、業界の外からはなかなか見えない部分だと思います。

普通の感覚なら、

転職すればするほど、

自分の価値も評価も悪くなる。

だから、会社選びに失敗ができない。

最初の会社を厳選して選びたい、という想いが強くなり、

それがゆえに転職に踏み切れない、というかた。

まぁまぁ多いのではないかなと思います。

移籍がなぜ嫌がられないか?

このタクシー業界はある意味、特殊です。

1社、2社移籍したところで、何のマイナスにもなりません。

不思議に思われるかもしれませんが、

多くのタクシー会社は慢性的な人材難に直面しています。

多少、移籍回数が多くても、

きっちり真面目に働いてくれる乗務員を評価します。

むしろ、1社、2社くらいは、

色々なタクシー会社がある中で、

自分にとってのベストは何だろう?

と見極める上では、むしろプラスになるんじゃないでしょうか。

早く業界に入れば、その分色々なことが見えてくる

タクシー乗務って、

本当に楽しい仕事です。

僕はいつも、ゲームしに行っている感覚です。

楽しくなきゃ、長く続かないですからね。

だからこそ、

どのタクシー会社がベストか、

迷っていて一歩を踏み出せないのであれば、

思い切りの良さも必要です。

もちろん、エイヤーで決めるのではなく、

ちゃんと調べて、情報を仕入れて、自分なりにベストの会社を探ってほしいですが、

どの会社も入ってみないとわからない部分は必ずありますから、

とにかく一歩でも前にコマを進めることが大事なんじゃないかな、と僕は思います。

業界に早く入れば、その分経験を積めるので、

収入だって、早く目標額に近づけるはずですよ。


押していってね!