ニートから映画に感動してタクシー業界へ UPださん【キッタンラジオ第10回放送】

心得

大阪昼勤タクドラ、キッタン動画です。

今回は、

ニートから映画に感動してタクシー業界へ UPださん【第10回放送】

【第10回放送(1)】ニートから映画に感動してタクシー業界へ UPださん【大阪昼勤タクドラ キッタンラジオ】
【第10回放送(2)】ニートから映画に感動してタクシー業界へ UPださん【大阪昼勤タクドラ キッタンラジオ】

記念すべき第10回目のキッタンラジオ

ふさわしい、ハチャメチャで面白いかたに出演いただきました。

UPださん。

ほとんど、苗字言うてしもてるやん(笑)

自分と向き合う時間があれば、人生大きく変わるきっかけに

ニートをバカにする人もいるかもしれませんが、

人生を振り返り、自分と向き合う時間ができるという意味では、

とても大事な経験だと思いますよ。

何せ、僕もそれらしき経験をしたことがあるんですよね、過去に。

さすがにネットカフェ暮らし、というわけではなかったですが、

それでも20日間ほど、自宅がなくなり、住む場所がなくなった経験があります。

40歳の時。

新今宮の1泊1000円ちょっとの、

畳み2畳ほどしかない、簡易宿泊施設で、2週間ほど、寝泊りしてたんです。

UPださんと、ほとんど一緒か(笑)

でもね、あの時の経験って、本当に貴重だった。

だから、ニートを経て、そこでタクシードライバーという仕事に出会うきっかけを得た、

UPださんの人生の深さに、感慨深いものを感じました。

ドン底に落ちたら、あとは上がるだけです

今、転職を考えているかたの中には、

お金に苦労しているかた。

家庭が崩壊してしまったかた。

人生崖っぷちのかた。

色々な背景をお持ちのかたがいらっしゃると思います。

タクシー業界はね、

そういうかたには優しいですよ。

お金貸してくれるとか、そんなんはないですけど、

人生に大きくつまづいて、再起をかけている人がめっちゃ多いんです。

きっと勇気づけられると思います。

僕も、全財産を失い、新今宮の畳2畳で仕方なく寝ていた時から、

6年ほどで、金銭的にも精神的にも豊かになることができました。

これは、タクシーに出会えたから、といっても過言じゃない。

そして、そういう体験をしているのは、

僕だけじゃないんです。

UPださんもそうだし、他にもたくさんいます。

困っているかた、まずは勇気を持ってキッタンまでメッセージください。

お力になれると思います。