なにわ筋を制するものは流しを制する(2) 流しに適した要素5つを徹底究明

流し

大阪昼勤タクドラ、キッタン動画です。

今回の動画は、

なにわ筋を制するものは流しを制する(2) 流しに適した要素5つを徹底究明

なにわ筋を制するものは流しを制する② 流しに適した要素5つを徹底究明【大阪昼勤タクドラ】キッタン動画

前後編の後ろ編になります。

前編はこちらよりどうぞ。

Youtubeの視聴者様より、コメントをいただいておりまして。

「なにわ筋は人通りが少ないので、乗車いただける気がしない」

なるほど、確かに、人通りは少ないですよね。

堺筋、御堂筋、四ツ橋筋と比べると、なおさらですね。

でもね、こう考えるといかがでしょう?

それって裏を返せば、

「自宅から直接アプリでタクシーにご乗車いただくかたが多い」

からじゃないかな?と思うんです。

動画でお話ししている通り、

なにわ筋は公共交通機関が、まるで大阪市内のアキレス腱の如く、

恵まれておりません。

だからこそ、タクシーの需要、

それも自宅から需要が多いと思うんです。

流しをしながら、同時にアプリ乗車が狙える、

非常にチャンスに恵まれた場所なわけですね。

いつでも乗務当初の新鮮な気持ちを持って

タクシー乗務を長くやるほど、

固定観念が増えていきます。

3年目に突入した僕でさえ、

この固定観念はたくさんできつつありますね。

その中には、良い固定観念もありますが、その多くは、

行動を限定してしまう、良くない固定観念

だと、自分自身に根付いた固定概念を検証した時、そう感じています。

人が少ない=乗車が少ない

は、ある意味そうですが、ある意味そうでないと思うんですよね。

逆を言えば、

人が多い=乗車が多い

というわけでもない。

柔軟な感度で、乗車の可能性を探ることが大事かなと思います。

そういう意味ではやはり、

なにわ筋は流しにベストな場所

じゃないかなぁ、と思うんですよね。

皆さんはいかがでしょう?

営収結果

▶6/27(日)
乗務時間 12時間40分
営収税抜 ¥38,390
ご乗車件数25回(うちアプリ16回)


押していってね!