川の向こうには宝の山が潜んでいる? 売上悪い時の一発逆転営業

流し

大阪昼勤タクドラ、キッタン動画です。

今回の動画は、

川の向こうには宝の山が潜んでいる? 売上悪い時の一発逆転営業

川の向こうには宝の山が潜んでいる? 売上悪い時の一発逆転営業【大阪昼勤タクドラ】キッタン動画

売上が悪い時に、どう挽回するか?

特に今の、コロナ禍での営業のテーマですよね。

これは、もし絶対的な解決方法があるならば、苦労はしません。

というか、そんな方法があるなら、教えてほしいw

残念ながら、必ず効果がある方法はありません。

だからこそ、手を変え、品を変え、最後まであきらめずにやりきることが大事かなと思っています。

面倒くさがる乗務員は多いからこそ

その中で、この

河川を渡る

という行動。

これは、まだ僕が前の某大手にいた時に、

先輩乗務員さんと会話してみて、気づいたことなんです。

僕よりも何年も、いや何十年もキャリアのある乗務員さん、

それも複数のかたが、

十三とか、普段営業せえへんから、わからん

と言われるわけです。

当時、まだタクシー乗り出して数か月でしたが、

その頃から淀川区周辺の需要の多さに対するタクシーの供給の少なさに気づいていたので、

この人の目は節穴か?

と真剣に思いました(スミマセン…)

このことがきっかけで、

川を渡って、違う区域に行くことを、面倒くさがる乗務員が多いんだな、と気づいたんですね。

そして実際、渡ってみると、

まぁ空車タクシーが少ないこと。

中心部で空車にまみれてグルグル、

時だけが過ぎていくことを考えたら、

可能性に満ちた営業チャンスがあるエリア。

それが、河川の向こう側にあると、僕は信じて営業してます。

 


押していってね!