迎車料金ないほうがいいん?【37乗務目】

アプリ

大阪昼勤タクドラ、キッタン動画です。

37回目は、

迎車料金ないほうがいいん?

37乗務:迎車料金ないほうがいいん?【大阪昼勤タクドラ】キッタン動画

前回の記事に続き、迎車料金について、取り上げます。

結論を先に言うと、

アプリ配車での迎車料金があるにしろ、ないにしろ、

どんな状況下でも稼いでいる乗務員は少なからず存在します。

そういう方々は、

たとえマイナス要素でも、

それをプラスに転じるだけの創意工夫をしています。

迎車料金が0円ということは、高単価が見込めず昼勤では厳しい条件ではありますが、

乗車回数を積み重ねることで、

安定した売上を築くことはできるはずです。

究極の穴場エリア、東淀川区

東淀川区について熱く語らせてください(笑)

ここは大阪市内の中で、

もっとも昼勤営業をするにあたり、大穴エリアだと思います。

その理由はいくつもあります。

まず、どういうわけか、タクシーがめちゃめちゃ少ない

東淀川には、国際興業さんという大きなタクシー会社がありますが、

すぐに淀川を超えて営業されることが多いのか、

走っている姿を見ることは少ないです。

他社のタクシーも阪急上新庄駅周辺に固まっていて、

流しではほとんど走っていないですね。

だから大チャンスなんです。

加えて、摂津市とか吹田市とか、広範囲にアプリが鳴ります。

そういったエリアからアプリご乗車の場合、、

淀川区同様、多くの場合は淀川を超えて、大阪市内中心部に至るので、

料金も3,000円近くになることが多い。

特に下新庄あたりは道が複雑なので、攻略の難易度は低くありませんが、

昼勤で売上を上げるなら、

積極的に流すべきエリアですよ~。

営収結果

▶2/14(日)
営収税抜 ¥27,400
ご乗車件数 18回(うちアプリ10回)

▶2/17(水)
営収税抜 ¥24,920
ご乗車件数 19回(うちアプリ9回)

 


押していってね!

スポンサーリンク